ドローンを事業に導入することを検討されている事業者様へ          補助金・助成金を活用してドローンを事業に導入されませんか?                                         特に建設業界には人手不足,高齢化,作業の安全,労働災害の防止等様々な課題があります。    ドローン導入により,作業の効率化,経費削減,労働災害の防止等,様々な課題が削減されます。   また,若い世代の方にとっても,ドローンを使って仕事ができることにやりがい,喜びを見出し, 建設業・インフラ点検業務を魅力的な職業として選択する人が増えるのではないでしょうか?しかし,そのための準備があります。                          まず,ドローンスクールでドローン飛行に関連する法令等を学ぶ必要があります。守るべき法律や規則など知らずに飛ばすなら,懲役または罰金を科されます。最悪廃業につながります。      またドローンを自分で飛ばせるようになるために飛行訓練を受けることが必要です。                    ドローンを自由自在に飛ばすためには,インストラクターから訓練を受け,練習することが欠かせません。私もドローンスクールに行くまでは,ドローンの操縦は簡単だろうと思っていました。でも違いました。初心者には結構難しいんです。事実,飛ばしている感覚が把握できず,サッカーのゴールポスト側面に激突させてしまいました。幸い機体が壊れなかったことは幸いでした。あなたご自身も,おそらく何度も練習しなければ思うようには飛ばせないでしょう。                 また,ドローンを上手に飛ばせるようになったとしても,御社のビジネスで使うドローンを購入  する資金が求められます。中には,何百万円するものや1,000万円を超えるものもあります。     それで,御社がドローンをビジネスに導入されるための予算を確保するために,補助金等を活用  することは欠かすことができないものと考えています。                                                            そこで,御社の事業にドローンを導入しようとしたときに申請できる補助金・助成金についての情報を得られるよう補助金・助成金自動診断システムを設置いたしました。       どうぞお気軽にこのツールを使って診断頂ければ幸いです。               下記に自動診断ツールが設置されています。                       

補助金・助成金活用のメリット

お勧め!自動診断ツールのご案内

活用できる補助金,助成金等が分かる自動診断ツールを設置してあります。すぐに調べることができます。

自動診断ツールで調べた後に,提携先の会社から,各種補助金・助成金についてのお電話があります。

是非この機会に,御社の事業を促進するために活用できる補助金・助成金は何か遠慮なくお尋ねください。 もちろん料金は無料です。

情報収集した後に,御社が補助金・助成金を活用したいとご判断された場合,引き続き提携先会社が,御社が補助金・助成金を獲得できるようサポートさせて頂きます。

補助金・助成金自動診断システム

お勧め!(JSaas)
動画を見て学びご自分で補助金申請を行うこともできます

【行政書士かどがわ事務所】補助金申請代行業務

当事務所に直接依頼されたい場合はご連絡頂くことができます。補助金は国民の税金で賄われています。それで、できる限り申請される皆さんの 手元に補助金が残るよう代行申請手続料金を設定させて頂きました。ご覧頂き納得した上でご相談ご依頼ください。

当事務所に依頼された場合の料金表

小規模事業者持続化補助金
50万円未満
手付金 33,000円(30,000円+消費税10%)のみ
小規模事業者持続化補助金
50万円以上75万円未満
手付金 33,000円(40,000円+消費税10%)のみ
 
小規模事業者持続化補助金
75万円以上100万円未満

 
手付金 33,000円(30,000円+消費税10%)のみ
 
小規模事業者持続化補助金
100万円以上150万円未満
手付金 33,000円(30,000円+消費税10%
補助金額の3%+補助金額の3%×消費税10%
小規模事業者持続化補助金
150万円以上200万円未満
手付金 33,000万円(30,000円+消費税10%)
補助金額の3%+補助金額の3%×消費税10%

 

 

 
   
   
   
   

サービスの流れ

 

お問合せ

0987-55-7537

PCメールアドレス:dwjph721@ybb.ne.jp

お客様からのヒアリング

 

依頼内容をまとめ契約内容のご確認

 

契約成立・契約書の発行・業務の遂行

契約後、業務を遂行します。業務完了後手数料のお支払い

 

 

 

プライバシーポリシー

 

 行政書士かどがわ事務所(宮崎県串間市西方7313番地3, 代表 門川博則)は,当事務所の 業務に関連し,その活動を行うために多くの個人情報を保有することになるところ,個人情報の保護が重大な責務と考え、広く社会からの信頼を得るために,以下の通り個人情報方針を定め, 個人情報の保護に努めます。

                   記

 当事務所は,個人情報について、関係法令その他の規範及び当事務所策定に係る各種規程等の定めるところに従い、当事務所において業務に従事するすべての者に対してその周知・徹底を図り、適切にこれを取り扱います。

一 個人情報の適切な収集、利用、提供、委託                                                                     1 個人情報の収集にあたっては、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を収集し、         利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。                                                  2  当事務所が利用・保管する各種個人情報の利用目的については以下の通りとします。           (個人のお客様の個人情報)                                ・当事務所のサービスに関する情報提供                                ・当事務所のサービの向上に向けた企画                                                                        ・キャンペーン等、当事務所サービスの提供促進活動の実施                                                  ・お客様からのお問い合わせに対する対応                                                                             ・以上の各事項に関連する業務                                                                                               (お取引先の皆様の個人情報)                                                                                                ・お取引上の打ち合わせの実施                                                                                             ・お取引先の皆様への情報提供・連絡                                       ・お取引先の皆様から委託された業務の遂行                                                                                ・以上の各事項に関連する業務                                                                                   3 収集した個人情報は、次の場合を除き、第三者に提供又は開示することはしません。             (1) あらかじめ本人の同意を得た場合                                                                                    (2) 法令に基づく場合                                                                                                 (3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得る             ことが困難であるとき                                                                                                           (4) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、             本人の同意を得ることが困難であるとき                                                (5) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行                 することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより                   支障を及ぼすおそれがある時おそれがあるとき                                                            4 当事務所が個人情報を委託契約に基づいて、利用目的の範囲内において個人データの             取り扱いの全部又は一部を他の事業者に委託する場合、委託先における安全管理措置の           状況等に照らし、委託を行うことの適切性を検討するとともに、当該委託先との間で秘密       保持を含め適切な監督を行うために必要な事項を定めた業務委託契約を締結した上で提供       するなどし、これらをもって委託先への適切な監督を実施します。

二 個人情報に関する安全管理措置                                                       個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、又は毀損の予防及び是正の            ため、当事務所内において規定を整備し安全対策に努めます。

三 改善措置                                                                                                                              個人情報の取り扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するよう努めます。             また必要に応じて本方針をはじめ各種規程等につき、変更、修正、又は追加を行うなど        改善をするよう努めます。   

四 開示等請求への対応                                                                                                                        当事務所が本個人情報保護方針を遵守していないと思われる場合、及び本人の個人情報         の開示、訂正、追加または削除、利用停止(第三者提供停止を含む)あるいは第三者               提供記録の開示などを希望される場合には,こちら(住所:宮崎県串間市西方7313番地3、               電話:0987-55-7537、FAX:0987-55-7537、メールアドレ:dwjph721@ybb.ne.jp、               担当:門川博則)までお問い合わせください。       

五 苦情の処理                                                                                                                                    当事務所は、個人情報取り扱いに関する苦情(開示等に係る当事務所の措置に対する        請求者からの不服の申し立ての受付、その他の取り扱いに関する苦情申し入れを含む)           については、こちら(住所:宮崎県串間市西方7313番地3、電話:0987-55-7537、                  FAX:0987-55-7537、メールアドレス:dwjph721@ybb.ne.jp、担当:門川博則)まで            お問い合わせください。適切かつ迅速な処理に努めます。

                                                    2022年3月19日