代表の門川 博則(かどがわ ひろのり)です

【行政書士かどがわ事務所】へようこそ。  

私は,ドローン飛行許可申請にお困りの方が,ストレスなく許可を取るお手伝いができる行政書士の門川博則と申します。 あなたはこんなお困り事はありませんか?            

1.オンライン申請が難しくてできない!

2.オンライン申請が先に進まない!

3.本業が忙しくて申請する時間がない!

4.パソコンが苦手!

5.代行を頼みたいが誰に頼めばいい?

6.代行料金が高い!

このようなお困り事を解決いたします。解決できる理由は3つあります。それは,

1.私がドローン飛行許可申請専門の行政書士だから。   

2.日本全国から依頼をお受けできるから。     

3.公正な料金で提供したい!から。

当事務所が選ばれる3つの理由

ドローン飛行許可申請専門の
行政書士

日本全国対応していますので全国どこからでも依頼可能。
面倒くさいドローン飛行許可申請で時間を取られたり,ストレスを抱えずに済み、ご自身の業務に専念できます。

 今日,各種建設業様をはじめ,多くの事業者様がドローンを事業に導入することにより,作業の効率化, 経費削減,「働き方改革」に伴う労働時間の短縮につなげようと取り組んでおられます。                            私自身,2021年11月1日,2日の2日間,滋賀県のドローンスクールでドローン飛行に関して座学と実技を学びました。その時に,7名の方とご一緒させて頂きました。3名の方は建設業関連の方でした。   橋を造る建設業者に勤務されている方,今後外壁の点検がドローンでなされるだろうと先を読む方,造園工事業の方で,動物や害虫駆除のため屋根に登らなければならない方等です。                 その中のある方は,「屋根の写真を外注すると,数枚の写真で月8万円支払っている」とのことでした。 年間96万円。10年間で960万円支払うことになります。それで,ご自分でドローンを飛ばし屋根の写真を撮影するためスクールに来られたのです。ドローン導入後は確実に「経費の削減」を達成できます。 しかし,ドローンを事業に導入するには,ドローンスクールの費用,ドローンの購入と何かとお金がかかるのも事実です。そこでその費用を賄うために,補助金や助成金を活用することを提案させて頂きます。補助金等を活用できれば,事業者様の金銭面の負担を軽減しつつ事業を前進させることができます。 そのために,今事業者様が活用できる補助金や助成金は何かをすぐに知ることができるツールとして,「自動診断システム」をホームページ上に設置しています。また,補助金等の申請方法や動画を見て学び,ご自分で申請したい方向けのツールもご用意しています。是非このツールで調べてみて下さい。  補助金等を活用できれば,当事務所でのドローン飛行許可申請代行手数料を抑えることができます。   これは当事務所の強みの一つとなっています。

飛行許可承認が取れない時は全額返金

許可及び承認を取るのが難しい申請の場合、万が一許可及び承認が取れない時は、
いただいた料金を全額返金いたします。

その場合,お客さまの料金面でのご負担は全くかかりませんので、安心して依頼できます。

当事務所サービスのご案内

ドローン飛行許可申請手続の代行業務

ドローン飛行許可申請手続を専門行政書士に任せて、ストレスなくご自分の事業に専念できます。

専門行政書士から丁寧かつ親切なサポートを受けることができます。

補助金・助成金サポート業務(自動診断システム活用)

補助金や助成金を活用し,ドローンを事業に導入し,危険な作業の代替,人手不足の課題を削減できます。

助成金及び補助金の種類は豊富で,御社の事業に活用できる補助金・助成金は何かを知るために,自動診断システムを当サイトに設置しています。5分ほどでその情報を取得できます。是非お気軽にご利用下さい。

補助金・助成金自動診断システム

お問合せからご契約までの流れをご説明します。

まずはお電話、お問合せフォームよりご連絡ください。

ご要望に合わせてお見積りします。

ご契約後、サービスのご提供を開始いたします。

お役立ち情報

こちらではお役立ち情報について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

プライバシーポリシー

 

 行政書士かどがわ事務所(宮崎県串間市西方7313番地3, 代表 門川博則)は,当事務所の 業務に関連し,その活動を行うために多くの個人情報を保有することになるところ,個人情報の保護が重大な責務と考え、広く社会からの信頼を得るために,以下の通り個人情報方針を定め, 個人情報の保護に努めます。

                   記

 当事務所は,個人情報について、関係法令その他の規範及び当事務所策定に係る各種規程等の定めるところに従い、当事務所において業務に従事するすべての者に対してその周知・徹底を図り、適切にこれを取り扱います。

一 個人情報の適切な収集、利用、提供、委託                                                                     1 個人情報の収集にあたっては、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を収集し、         利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。                                                  2  当事務所が利用・保管する各種個人情報の利用目的については以下の通りとします。           (個人のお客様の個人情報)                                ・当事務所のサービスに関する情報提供                                ・当事務所のサービの向上に向けた企画                                                                        ・キャンペーン等、当事務所サービスの提供促進活動の実施                                                  ・お客様からのお問い合わせに対する対応                                                                             ・以上の各事項に関連する業務                                                                                               (お取引先の皆様の個人情報)                                                                                                ・お取引上の打ち合わせの実施                                                                                             ・お取引先の皆様への情報提供・連絡                                       ・お取引先の皆様から委託された業務の遂行                                                                                ・以上の各事項に関連する業務                                                                                   3 収集した個人情報は、次の場合を除き、第三者に提供又は開示することはしません。             (1) あらかじめ本人の同意を得た場合                                                                                    (2) 法令に基づく場合                                                                                                 (3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得る             ことが困難であるとき                                                                                                           (4) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、             本人の同意を得ることが困難であるとき                                                (5) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行                 することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより                   支障を及ぼすおそれがある時おそれがあるとき                                                            4 当事務所が個人情報を委託契約に基づいて、利用目的の範囲内において個人データの             取り扱いの全部又は一部を他の事業者に委託する場合、委託先における安全管理措置の           状況等に照らし、委託を行うことの適切性を検討するとともに、当該委託先との間で秘密       保持を含め適切な監督を行うために必要な事項を定めた業務委託契約を締結した上で提供       するなどし、これらをもって委託先への適切な監督を実施します。

二 個人情報に関する安全管理措置                                                       個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、又は毀損の予防及び是正の            ため、当事務所内において規定を整備し安全対策に努めます。

三 改善措置                                                                                                                              個人情報の取り扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するよう努めます。             また必要に応じて本方針をはじめ各種規程等につき、変更、修正、又は追加を行うなど        改善をするよう努めます。   

四 開示等請求への対応                                                                                                                        当事務所が本個人情報保護方針を遵守していないと思われる場合、及び本人の個人情報         の開示、訂正、追加または削除、利用停止(第三者提供停止を含む)あるいは第三者               提供記録の開示などを希望される場合には,こちら(住所:宮崎県串間市西方7313番地3、               電話:0987-55-7537、FAX:0987-55-7537、メールアドレ:dwjph721@ybb.ne.jp、               担当:門川博則)までお問い合わせください。       

五 苦情の処理                                                                                                                                    当事務所は、個人情報取り扱いに関する苦情(開示等に係る当事務所の措置に対する        請求者からの不服の申し立ての受付、その他の取り扱いに関する苦情申し入れを含む)           については、こちら(住所:宮崎県串間市西方7313番地3、電話:0987-55-7537、                  FAX:0987-55-7537、メールアドレス:dwjph721@ybb.ne.jp、担当:門川博則)まで            お問い合わせください。適切かつ迅速な処理に努めます。

                                                    2022年3月19日